読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【▽自己開示について▲】

 

あれは、、、


忘れもしない。。。

 

 


あれは、、、

 

 

 

、、、

 

 


あれは、、、

 

 

、、、

 

 


あれはね、、、

 

 

 

あれ、、?

 

 

 あれはあられ。

 

 

 

あれ?

 

 

 


忘れた。。。

 

 

 

完。

 

 

 

 


、、、

 

 


終わっちゃうんかーーーーーい(  Д ) ゚ ゚(  Д ) ゚ ゚(  Д ) ゚ ゚(  Д ) ゚ ゚(  Д ) ゚ ゚(  Д ) ゚ ゚(  Д ) ゚ ゚(  Д ) ゚ ゚(  Д ) ゚ ゚(  Д ) ゚ ゚(  Д ) ゚ ゚(  Д ) ゚ ゚(  Д ) ゚ ゚(  Д ) ゚ ゚(  Д ) ゚ ゚(  Д ) ゚ ゚(  Д ) ゚ ゚(  Д ) ゚ ゚(  Д ) ゚ ゚(  Д ) ゚ ゚(  Д ) ゚ ゚(  Д ) ゚ ゚(  Д ) ゚ ゚(  Д ) ゚ ゚、!!!!!!!!!!

 

、、、

 

 

(序盤に滑ることによって

ブログの流れを潤滑にするという

成功法則あるの、知っていますか?


えっ、知らない、、、。?
もったいないですよ。

 

類い稀なる
ライティングテクニックですよ?)

 


はい。笑

 

 

 


思い出しました!


あれは
僕が小学校5年生の時。

 


その時は、
放課後にドッジボール
大流行していました。

 

 


『三度の飯よりドッジボール!!!』

 

 

 

 

って人生を歩んでいました。

 

f:id:aoihoshi888:20160930214153j:image


(竹馬小僧期

一輪車小僧期

ドロケイ小僧期

を経てからの
ドッジボール小僧フェーズに突入の流れ)

 

 

 

僕は昔から


・人の逆を行きたい!
・予定調和を鮮やかに裏切りたい!
・常に変で在りたい・奇を衒いたい!

 

「なんでみんな違うのに
同じようなことやってんの?
もっとらしくいこうぜ?」

 


という思いを内に秘めつつ、

 

日本に漂う
意味不明な同調圧力を穿つ
一筋の光になろうと
誓いながら生きていました。

 

 

(だから神の遊び心により

                           イニシャルもK.Y.)

 


なので
ドッジボール
みんなが縦で投げるなら

 

「オレは横投げだっ!」と、
決めて横投げをするデブでした。

 

f:id:aoihoshi888:20160930212024j:image

 


↑これは小3の時のうひひひひ画像
(※この頃は
お茶や水の概念を忘却の彼方化し、

 

ポカリスエットばかり飲んでいたら
びっくりするほど膨らみました。

 

ポカリで創った芸術ヒューマンです。)

 

 

 

 

 

はい。 

 


そして、

たまにいるじゃないですか?

 

 

ドッジボールしてると、
めっちゃ速い球を投げる猛者が。

 

 

 


どう足掻いたって避けられない。

 

 

 

 

 

 


だってデブだったから。

 

 

 


だから小5の公太は

 

(、、、俺はもう逃げない。

 

人生逃げ続けてても

自分からは逃げられない。

 


俺は絶対に取る。)

 


そう覚悟を決めて

その猛者の放った
光速メテオキャノンと対峙した。

 


、、、

 

 

 

 


『バチンッ!!!!!!!!!!』

 

 

 

肉片とボールが
接触したことを教えてくれる
破裂音がグラウンドに響きわたった。

 

 

 

しかし、

ボディの柔軟性と
「俺は取る!!!」という覚悟が
奇跡の統合を果たし、

 


猛者の光速メテオキャノンを
受けとめることができたのである。

 


肉片公太は
ボールを取れたことが
うれしすぎて、

 

そのうれしさを声に乗せて
反撃の狼煙を上げた!!!!

 

 

 

、、、

 

 

 

「いっっっっくぜーーーーーーーーー*・゜゚・*:.。..。.:*・'(*゚▽゚*)'・*:.。. .。.:*・゜゚・**・゜゚・*:.。..。.:*・'(*゚▽゚*)'・*:.。. .。.:*・゜゚・**・゜゚・*:.。..。.:*・'(*゚▽゚*)'・*:.。. .。.:*・゜゚・**・゜゚・*:.。..。.:*・'(*゚▽゚*)'・*:.。. .。.:*・゜゚・**・゜゚・*:.。..。.:*・'(*゚▽゚*)'・*:.。. .。.:*・゜゚・*!!!!!!!!!!!!!!!」

 

 

 


すると、左耳から音がした。

 

 

 


『ボツン。』

 

 

f:id:aoihoshi888:20160930213915j:image

 

左耳の鼓膜が破れました。

 

 

 

そうです。

僕は小学校5年生の時に


大声を出し過ぎて
鼓膜が破れたことがある
という

伝説の自己開示でした(°_°)(°_°)(°_°)笑

 

 

このように
心の扉を開いて

自己開示をして
色んなエピソードを
話すことによって、

 


『相手との心の距離が
             縮まるのではないか?』

 

 

そう、

思っています(°_°)
願っています(°_°)(°_°)

祈っています(°_°)(°_°)(°_°)

 

 

 

どうか、
離れていきませんように(°_°)(°_°)(°_°)笑


ps.
毎日書こうと思っていましたが
ブログは土日はお休みします^ ^


バランス、大切ですよね(°_°)笑

 


いつもありがとう✳︎
『〝公太〟^ ^』7